犬のサイズを正しく把握しよう

犬用の洋服はとても可愛いものが多く、選ぶ時も目移りしがちです。ですが、洋服を選ぶ前に大切な準備があります。それは、犬のサイズを正しく把握することです。必要な情報としては、首回りのサイズ・胴回りのサイズ・着丈(背丈)のサイズです。メジャーを使って計るのがおすすめです。
具体的な計り方ですが、首回りは首輪のように首の回りにメジャーを回して計ります。胴回りは前足の付け根から背中にかけてぐるっと回すように計るとちょうど良いサイズが計れます。背丈については首筋からお尻、もしくは尻尾辺りまでを計ります。
この三点を正確に把握しておかないと、犬の同伴を禁止しているお店や、犬の試着が出来ないお店では洋服選びが困難となります。

犬と洋服のサイズをよく見比べよう

洋服によっては「この犬種にはこのサイズの洋服が合っています」と書かれているものも多いですが、同じ犬種の中でも体型が大きく違うこともあり、必ずしも愛犬に当てはまるとは限りません。折角選んだ可愛い服なのに、家で着せてみたら入らなかったということもよくあることです。
その代わり、大体の洋服には先ほど説明した細かいサイズが記載されていますので、実際に計った犬のサイズと洋服のサイズを見比べてみましょう。ここでポイントになるのは、ピッタリ一致し過ぎないことです。あまりピッタリしすぎると着脱に余裕がなくなるなど、犬が服を着るのを嫌がる場合があります。そのため、少し余裕を持ったサイズ選びが大切です。

家族の一員として犬を大切にする人が増えるなかで、犬の服を扱う店舗も充実してきました。冬にはコートやセーター、夏にはアロハシャツやTシャツ、と季節に応じて服を選ぶことができます。