使えば使うほど愛着が湧く腕時計

ファッションにこだわりを持つ人にとって、上質なものを長く大切に使うことは一種のステータスとも言えるでしょう。レザーのバッグや小物が経年と共に味を増すように、時計にも使うほどに愛着が湧く魅力的なものがあります。それは、機械式時計。電池で動くクォーツ式時計に対し、機械式時計はゼンマイで動くことが特徴です。クォーツ式と違い、使わずに置いておくと止まってしまうという弱点はありますが、それこそが愛着の湧く理由。まるで生き物のように手をかける必要があるため、一緒に時を過ごすごとに愛おしい存在となります。機械式の腕時計を身に付けることで、手もとからファッションへのこだわりをアピールすることができそうです。

ムーブメントは自動巻きと手巻きの2種

電池がいらずゼンマイを巻けば動き続ける機械式時計は、エコが注目される現代に相応しい時計と言えるかもしれません。機械式時計には自動巻き式と手巻き式の2種類があるため、それぞれの特徴を踏まえて選ぶと良いでしょう。

自動巻き式は、時計を使用した際の腕の動きに連動して、自動的にゼンマイを巻き上げる構造。毎日腕時計を身に付ける人にぴったりです。長期間使わなかった場合には、リューズをまわしてゼンマイを巻けばOK。時計屋さんへ電池交換に行く必要がないため、止まってしまった時でも気楽です。

一方、手巻き式はもっと手のかかる赤ちゃんのようなもの。毎日ゼンマイを手で巻いてあげる必要があります。そんな手間がかえって可愛らしく、はまる人はとことんはまってしまう時計です。

ブシュロンはパリ5大宝飾店の一つであり、1958年に創業されました。このブランドの製品を使っている著名な女優も多いです。