手垢や汚れが付着しやすいガラス盤

機械式時計を長く愛用するためには日ごろの手入れは欠かすことはできません。まず比較的簡単に手入れができる場所がケースです。ここでのケースとは時計本体の風貌や文字盤を守っているガラスの覆いを指します。日常的に時計を使用していると、この文字盤を守っているガラス部分に手垢や汚れが付着してしまうことも少なくありません。こういった汚れは眼鏡拭きなどで使用される布などで拭くのがおすすめです。

皮脂や汗による劣化を防ぐためのベルトの手入れ

時計の手入れは、腕に巻くベルト部分も欠かすことはできません。ベルトは主に金属製と皮製の2種類に分かれますが、それぞれ手入れの方法が異なります。

金属製のベルトは細かい部品の繋ぎ合わせでできているため、部品同士の間に皮脂や汗が付着してしまい手入れを怠ると錆の原因になるので注意が必要です。手入れの方法は時計本体から切り離してベルト単体の状態で中性洗剤で汚れを落とすと綺麗になります。

皮製の場合は革靴のメンテナンスと同様に、専用のクリームを使用することが大切です。革製品はカビが発生しやすいという特性があるので湿度の高い場所に放置してはいけません。

専門家への依頼が必要な内部の部品交換

機械式時計の大きな魅力の一つが時計を構築しているムーブメントです。実際に時計の内部を見たことがある人は知っていると思いますが、機械式時計は昔ながらのゼンマイや歯車といった部品の組み合わせからできています。これらは長い年月と共に部品が劣化してしまうので、数年に1度のタイミングで部品の交換や注油などのメンテナンスが必要です。とはいえ、これは素人が簡単にできるようなものではありません。そのため、時計内部のメンテナンスは専門の業者や職人に依頼することが大切です。

ダミアーニは、イタリアのジュエリーデザイン・創作会社です。婚約指輪や結婚指輪の他、時計も取り扱っています。