機械式時計は3年毎のオーバーホールが必要です

機械式時計には高級時計が多く、手入れさえしっかり行えば世代を超えて使い続けられると評判です。なぜなら、ゼンマイを動力としているので、電気を使わずに時を刻む機構は高級機種ほど複雑化されており、定期的なオーバーホールにより性能を維持する仕組みだからです。オーバーホールを怠ってしまうと、性能を維持出来ないばかりか、部品の摩耗により使い物にならなくなってしまうでしょう。オーバーホールを行なうためには、時計職人に預けて全部のパーツをメンテナンスしてもらう必要があるので、3年に1度とはいえオーバーホール代がそれなりにかかります。時計職人への作業料を考えると、自然に機械式時計は高級時計ばかりとなってしまうわけです。

オイルの劣化は使わないと進んでしまう

オーバーホールの周期は、3年毎が一般的とされています。なぜなら、通常の使い方をしている場合には、オイルが酸化して劣化するスピードは2年から4年程度で時間の遅れが発生する程度にまで進むからです。ゼンマイが解ける力を利用して動いているわけですから、金属部品同士が触れて摩耗しないようにパーツ同士は潤滑油により滑らかな動きが維持されています。自動巻きの機種が多いので、腕時計を毎日身に着けていなければ、日常生活で発生する動きによりゼンマイを巻くことが出来ません。ベルトや盤面は、柔らかい布で拭くことでメンテナンス可能ですが、機械式時計内部の状態を維持するためには、日常的にゼンマイを巻いて動かしておくことが必要です。機械式時計は、使う事自体がメンテナンスとなっています。

グランドセイコーは、国内製の部品を用いた最新鋭の腕時計であり、今ではビジネスシーンに役立つアイテムとしても重宝されています。